iPhoneの写真 保存形式の変更方法 HEIC→JPGへ

iPhoneの写真の保存形式がJPGからHEICに変わりました。Macだとみれますが、Windowsだと見れないという話も聞いたので、変更方法を紹介します。

スポンサーリンク

iPhoneの写真の保存形式がHEICになった

こんばんは!おおたわら(@otarwara254)です。

iPhoneの写真の保存形式が変わりました。HEICという聞いたこともない保存形式になりました。

ブログ用に写真をとって、AirDropで送ったらHEICっていう保存形式で送られてきました。

おおたわら
なんでじゃー

メールで送信した場合は、JPGに変換されてたので気づきませんでしたが、AirDropは形式が変換されずにそのままの形式で送信されてきます。

AirDropの設定で変えられませんが、カメラの設定で変更できるので紹介します。

iPhoneの設定アプリ→カメラ設定→互換性優先

iPhoneの設定アプリのカメラの部分をタップします。

フォーマットをタップします。

高効率にチェックが入っているので、互換性優先をタップして、互換性優先にチェックを入れます。

この設定で、HEICという保存形式からJPGに変わります。

そもそもHEICとはどういう形式?

HEICはHigh Efficiency Image Codecの称で、高効率のイメージファイルフォーマットという意味で、高画質でありながらファイルサイズが小さい写真(画像)のファイル形式です。

エイチ イー アイ シー と読みます。

iPhoneで写真や動画をよく取るようになった現代において、容量の圧縮は非常に大事な課題です。

iPhoneの容量も512GBとかなり大きくなってきていますが、4Kの動画をバンバンとったりするとすぐにいっぱいになります。

個人的には、iCloudの容量をもっと安く提供して欲しいものですが・・・

限りある容量を有効活用するために、高効率の保存形式を採用するようになりました。

ということで、写真であればJPGでの保存をしてくれますが、4Kの動画は高効率の保存形式になってしまうので、注意です。

HIEC→JPGヘ変換してくれるサイトもあります

WindowsでもMacで使用することができるソフトがあります。

HEIC変換ツールはWindowとMac両方で使える写真をHEICからJPGに変換するフリーオンラインツールです。

ブラウザソフトという感じです。

HEICの写真をドラックすると保存先が現れ、JPGで保存できます。

前に保存したHEICの写真を変換したかったら、つかってみてください。

スポンサーサイト

まとめ iPhoneのカメラの設定でJPGへ

iPhoneのカメラの設定が高効率の保存形態に変わったので、iPhoneのカメラで保存した写真はHEIC形式になりました。

Macではみれますが、Windowsでは見れず、ブログにUPするにもそのままでは使えず、JPGに変更する必要があります。

iPhoneのカメラ設定でJPGでの保存に変えられるので、設定を変更してください。

iPhoneの設定画面→カメラ→フォーマット→互換性優先にチェックをつけるだけです。

JPGじゃなーいと思った方は、変更してみてください。

過去のHEIC形式のデータはサイトでJPGに変更できますので、そちらをご利用ください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメントの入力は終了しました。