ノーマルタイヤが片減りして瀕死状態な話

冬に備えて、スタッドレスタイヤに交換しました。ノーマルタイヤを取り外したんだけど、運転手席側のタイヤが片減りして瀕死状態になっていました。涙なしには語れません・・・

スポンサーリンク

通勤によるダメージがでかい ノーマルタイヤが片減りした話

こんばんは!おおたわら(@otarwara254)です。

12月になりましたので、冬の準備でノーマルタイヤからスタッドレスタイヤに履き替えました。

ディーラーで履き替えを行ったんですが、どうやらタイヤが死んでいると言われました。

おおたわら
またー嘘ばっかり言って〜。確認しよー

とヘラヘラしながらディーラーを後にしました。

この車に買い換えて、ノーマルタイヤはツーズン目、1年半です。

距離はちょっと多くて三万キロです。

通勤で往復14キロ走っています。そのうち2/3ぐらいが峠です。

スタッドレスタイヤも履いているので、ノーマルタイヤでの走行距離はおそらく2万5千キロぐらいです。

まだまだ使えるだろうという頭なので、安全をみて言っているんだろーなーと思っていました。

次の日、ホイールの汚れを洗いながら、タイヤの状態を確認しました。

一つずつタイヤ溝を確認していくと・・・

後輪の左側です。

余裕のタイヤ溝の深さです。

後輪の右側です。

こちらも余裕のタイヤ溝深さです。

前輪の左側です。

おっと。溝の深さが明らかに違います。

スリツプサインが近づいていることがわかります。

3mmぐらいでしょうか。結構厳しいですね。

前輪の運転席側です。左側よりもちょっとタイヤ溝の深さが浅いように見えます。

また、右下のタイヤ溝がなくなっています。

外側が極端に減っていました。

これは買い換える他ないのでしょうか?

ネットで調べると、タイヤを組み直して外側を内側にして、後輪に持っていけば使えそうだという話でした。

ディーラーの担当者に確認すると、同じように組み替えれば使えるかもとのことでした。

でも、タイヤに外側と内側の決まりがある場合は、無理ですと・・・

outsideと書いてあったので、この方法は難しそうです。

さて、来季に向けて新しいタイヤでも探すかね〜

走り方には注意しましょう!

僕は通勤で峠を走ります。

ガンガン攻めます。

だから、タイヤへの影響もかなりでかい状態です。

ガンガン攻める方へ、なるべく攻めない運転にした方が良いですよ!!

スポンサーサイト

まとめ 走り方にも注意しようと心に誓う

冬に向けてスタッドレスタイヤに交換したんですが、どうやらタイヤが瀕死状態のようです。

・通勤で峠を走っているんですが、ガンガンせめて走っていること

・1年半で3万キロ走ったこと

この2点が大きな敗因だと思います。

これからはタイヤの寿命もあるので、落ち着いた走りをしたいと心に誓いました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク